ニキビケアができるスキンケアブランドはたくさんありますが、その中でも人気が高い売れ筋ブランドといえば薬用アクレケアやビーグレンではないでしょうか。どちらもニキビケア用のブランドとして知られていますが、どんな成分がどんな作用でどんな風にニキビやニキビ跡に作用してくれるのか、そのメカニズムは異なっているので、スキンケアをする際には自分の肌やニキビの状態と相談しながら決めることが必要です。

 

まず、薬用アクレケアの場合には、ニキビ跡の凸凹肌をツルツル肌に変えることができる美容液で、ビーグレンのようにラインとして販売されているわけではないという特徴があります。美容液なので洗顔剤で洗顔した後に化粧水でたっぷり保水してから薬用アクレケアを使うことになりますが、人によっては薬用アクレケアに含まれている保湿成分が肌を確実に保湿してくれるから化粧水は使う必要がないと感じる人もいるようです。導入化粧水として使うこともできる美容液が、薬用アクレケアなのかもしれませんね。

 

一方、ビーグレンはアメリカのハリウッドで開発されたスキンケアブランドで、科学的な技術と医学的な見地から皮膚の健康を改善するために必要な成分が厳選されているのが特徴です。ニキビケア用というシリーズがラインナップされているわけではありませんが、ニキビ肌用の場合にはおすすめの商品がラインとして紹介されていますし、洗顔から肌の仕上げまで全てビーグレンでお手入れできるようなラインナップとなっています。

 

配合されている成分も異なります。薬用アクレケアの場合、月下香やカムカム、卵殻膜などのエキスによって肌をたっぷり保湿してバリア機能を改善したり、健康な皮膚細胞を再生するために必要な成分がたっぷりと配合されているのが特徴です。一方、ビーグレンの場合には配合されている成分はピュアビタミンCやラミリン、ポリアミン、EDP-3など科学的根拠に基づいて抽出されている成分がメインとなっています。

 

薬用アクレケアのさらなる詳細はこちら!