薬用アクレケアとベルブラン、どちらも薬用の美容液でニキビケアやニキビ跡ケアをしたい人に人気があります。しかし、配合されている成分などは異なっていて、薬用アクレケアの場合にはヒアルロン酸や月下香、カムカム、卵殻膜などの成分が入っているのに対して、ベルブランにはトラネキサム酸やトリプルヒアルロン酸、グルチルリチン酸ジカリウムなどが入っているという特徴があります。これらの成分は、肌のバリア機能を正常な状態へ戻す効果が期待出来る保湿成分や保水性分、そしてニキビができた場合の炎症を鎮めることができる抗炎症成分となっているので、ニキビ跡にも活発なニキビに対しても効果を発揮してくれます。どの成分と自分の肌が相性が良いかは個人差がありますので、まずは使ってみてからどちらを続けるか決めるという方法もアリですね。

 

それぞれの美容液ごとに配合されている成分が異なるというだけでなく、どんな症状に対して大きな効果を発揮してくれるのかという点も若干異なります。例えば、ベルブランの場合には、赤みのある色素沈着やニキビ跡に大きな効果が期待できる成分が多く入っているので、続けることによって赤いニキビ跡やシミ、赤ら顔など赤みに関する肌トラブルをスッキリ解消することができます。一方、薬用アクレケアは凸凹肌を解消してくれる効果に特化している美容液で、肌の再生を促進することで凸凹肌を少しずつ根本的な部分から解消するとともに、透明のベールで肌表面を包み込んでくれるので,凸凹肌が目立たなくなるという効果も期待できます。

 

ニキビやニキビ跡と言っても具体的にどんな部分で悩んでいるのかは個人差がありますので、悩みに合わせて商品を使い分けるという方法も良いでしょう。また、赤みにも悩んでいて凸凹肌にも悩んでいるという人なら、薬用アクレケアとベルブランの両方を交互に使うという方法でも問題ありません。重ねづけしてもOKですが、今日は薬用アクレケア、明日はベルブランというように日替わりで使い分けるという方法でも、続けることによって大きな美肌効果が期待できるはずです。

 

薬用アクレケアのさらなる詳細はこちら!