にきびができている時に早急な治療ができない場合、ニキビ跡が残ってしまうリスクが高くなってしまいます。ニキビ跡には肌が凹凸になってしまうクレータータイプの跡と、肌に赤みや茶色いシミなどができてしまう色素沈着タイプの跡とがありますが、どちらもニキビ跡になってしまうと治療するのは簡単ではありません。

 

色素沈着タイプとクレータータイプ、どちらが早期治療出来るかというと、色素沈着タイプの方が早いかもしれません。その理由は、色素沈着タイプのニキビ跡の場合だと、肌の内側の肌細胞がメラニン色素によってダメージを受けているために、赤や茶色のシミのようになってニキビ跡ができてしまうのに対し、クレータータイプの場合には真皮層がダメージを受けているために、新しい肌細胞が作られにくい状態になってしまっているからです。そのため、皮膚科で薬をもらっても、色素沈着タイプなら美白系の成分が入っている薬を使って治療できますが、クレータータイプの場合だと、肌の新陳代謝を促進してくれるような薬を使ってもなかなか治療効果が出ないことが多く、目立たなくするためには気が遠くなるほど長い時間がかかってしまうのです。

 

ニキビ跡を薬用アクレケアで治療するという方法ですが、薬用アクレケアは薬ではなくスキンケア商品なので、使ったからと言って一朝一夕で即効性があるわけではありません。毎日のお手入れで薬用アクレケアを使えば、肌の新陳代謝を正常な状態へと導いてくれるので、肌が持っている美肌力を生かして少しずつニキビ跡を目立たなくすることができます。薬用アクレケアはスキンケア商品なので、長期間ずっと使い続けても肌にダメージが出てしまう心配はありませんし、続ければ続けるほど大きな美肌効果につながるので、ぜひおすすめです。

 

薬用アクレケアを使ってニキビ跡の治療をする方法ですが、洗顔後たっぷりと化粧水で保湿して上げた肌に薬用アクレケアを使います。手のひらで顔をパッティングしたり包み込むようにしてあげると、毛穴の中に保湿成分がどんどん浸透してプルプルの卵肌へと近づくことができるでしょう。必ずこのように使わなければいけないというルールはありませんし、スキンケアなので一日何回までしか使ってはいけないというルールなどもありません。ライフスタイルに合わせてうまく使ってくださいね。

 

薬用アクレケア公式サイトはこちら!